北海道中小企業支援ネットワークからのお知らせ

令和元年6月7日(金)に、センチュリーロイヤルホテル札幌において、北海道中小企業支援ネットワーク第15回全体会議を開催しました。 会議では、各構成機関が実施している取組内容の説明がなされ、当協会も経営改善支援事業など各種支援の取組について説明いたしました。

併せて会議終了後、当協会創立70周年を記念した記念講演会を開催しました。

講師には、中小企業政策審議会金融ワーキンググループ座長である成城大学名誉教授 村本孜先生を招き、「地域金融の現状」をテーマに地域金融の課題や地方銀行の経営統合問題、信用補完制度改正の背景等についてご講演いただきました。

講演会へは、各関係機関の理事・役員から実務担当者まで幅広い層の方々に受講していただき、中小企業者への経営支援能力向上に寄与する内容で、創立70周年にふさわしい記念行事となりました。

講演会終了後には、ネットワーク会議の各構成機関の皆様と講演会参加者を交えた情報交換会兼記念交流会を開催し、多数のご出席をいただき盛会のうちに終了しました。

当協会は、北海道中小企業支援ネットワークの事務局として、ネットワーク活動のより一層の充実を図り、中小企業者の経営改善・事業再生を促す環境を整備してまいります。

また、70周年を迎え気持ちも新たに、今後も「企業とともに、地域のために」役職員一同、中小企業金融の円滑化を通し、北海道の地域経済発展に貢献できるよう全力を尽くして取り組んで参ります。